メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

生体認証(バイオメトリクス)とは?

生体認証(バイオメトリクス)について

生体認証(バイオメトリクス)について

入退室管理システム「BioEntry Plus」指紋認証イメージ
生体認証(Biometrics Authentication:バイオメトリクス認証又はバイオメトリックス認証)とは、個人の生体情報(指紋、静脈、掌形、網膜、虹彩、血管、声紋、顔、DNA、耳形、まばたき、キーストローク、筆跡等)を事前に登録し「登録した生体情報」と「認証の際に採取した生体情報」や「行動的特徴」などのマッチング(画像の比較や生体反応を検出する方法等)を身体的特徴、行動的特徴を利用して認証を行う方法。

主に物理的セキュリティとして出入管理などを統制する「アクセスコントロール」、決済管理やグループウェアなどの本人確認手段として用いられる「フローコントロール」、情報セキュリティとして行動履歴の管理などの「トラッキング」などに用いられております。
最近では万全なセキュリティが求められる場面でセキュリティ強化の為に導入されるケースが多く、銀行のATMでの本人確認や入国の際の本人確認、携帯電話、車、パソコン、オフィスの入退室管理、会員制バーの認証、ゲームセンターでのメダル保管等、広く利用されてきております。

利便性を大きく向上させる反面、生体認証ゆえの問題として、本人であるにもかかわらず本人ではないと誤認識してしまう「本人拒否率(FRR:False Rejection Rate )」と他人であるにもかかわらず本人と誤認識してしまう「他人受入率(FAR:False Acceptance Rate )」なども生体認証ならではの特徴としてありますが、近年かなり精度が上がってきており、広く一般的に利用される様になってきております。
生体認証には外部環境や条件に左右されてしまうなどの特徴もありますので、導入を検討される場合には、環境や条件等に問題がないかを事前に確認し認識した上での導入が必要となります。


お問い合せ

入退室管理システム、指紋認証機器についてのお問い合せは、下記窓口にて承ります。
お見積もりをご希望の場合は、導入希望日、設置予定台数、設置予定場所をお知らせください。
お問い合せフォーム

ページの終了