メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

指紋認証(指紋照合)とは?

指紋認証(指紋照合)について

指紋認証(指紋照合)について

入退室管理システム「BioEntry Plus」指紋認証イメージ
指紋認証(指紋照合)技術は、バイオメトリクスを利用した認証技術の一つです。バイオメトリクスとは、身体的特徴を抽出して本人確認を行う技術で、指紋の他に、虹彩(目)、網膜パターン(目)、人相(顔)、声紋(声)などがあります。人ごとに固有の身体的特徴をセンサーで読み取り、登録データと認証を行うことで鍵となる登録者の確認を行う技術です。
それぞれの種類によって、精度の違い、コストの違い、運用方法の利便性などさまざまですが、中でも指紋認証が最も技術が成熟し、実用化され普及している技術です。認証精度・小型化・低価格化が進んだため最も注目されています。指紋以外で有力なのが虹彩です。認証精度は高いが、装置のサイズが大きく、コストが高いのが課題となっています。また、人相や声紋、それ以外の新しい特徴方式も盛んに研究されている最先端の技術。それがバイオメトリクスです。

指紋認証(指紋照合)の方式

指紋認証(指紋照合)機器「BioEntry Plus(バイオエントリープラス)」は指紋認証の中でも「特徴点抽出方式」を採用しております。(一般的に「マニューシャ方式」「マニューシャ・マッチング方式」ともいいます)
特徴点抽出方式は、スキャンニングした画像情報を細線化し指紋の分岐点や切れ目(端点:たんてん)などを方向や位置また位置の関係性などの情報を基に数値化し登録指紋と認証された指紋を照合します。
指紋認証の場合、その他にも画像の情報をエリアを限定しエリアにおける隆線の模様を重ね合わせて照合を行う「パターンマッチング」や隆線の太さを抽出し、濃淡を波形情報に変換し特徴量を抽出し照合する「周波数解析方式」などが広く使用されております。


指紋認証機器搭載アルゴリズム


指紋認証機器「BioEntry Plus(バイオエントリープラス)」に搭載されております認証アルゴリズム(計算や問題を解決するための手順、方式。特にコンピューターのプログラムに適用可能な手続き)は世界の評価コンテストFVC(Fingerprint Verification Contest)2004・FVC2006で二期連続第一位を獲得した認証アルゴリズムを搭載しております。

各種指紋認証リーダー

液晶カラーモニタ付きの指紋認証・ICカード認証が可能なハイブリッド型の認証機器から廉価版認証機器、屋外対応型認証機器、簡易勤怠管理機能搭載認証機器、LAN接続型認証機器、USB接続型認証機器まで幅広くラインナップしております。指紋認証入退室管理システムのことなら当社へご相談ください。

指紋認証システム「BioStation(バイオステーション)」 指紋認証システム「BioEntryPlus(バイオエントリープラス)」 指紋認証システム「BioLiteSolo(バイオライトソロ)」 指紋認証リーダーSFR300S
BioStationBioEntryPlusBioLiteSoloBioAdminSFR300SSecureI/O

お問い合せ

入退室管理システム、指紋認証システムについてのお問い合せは、下記窓口にて承ります。
お見積もりをご希望の場合は、導入希望日、設置予定台数、設置予定場所をお知らせください。
お問い合せフォーム

ページの終了